SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

母子健康手帳

母と子の記録。
<< ▼ 目次 | main | ▼ 退院の日 >>
▼ やっぱり!

この日撮った写真。
39週目6日の超音波画像にそっくり!
やっぱこの子が入っていたのね☆
昨晩は、切開した傷と背中と後腹が痛く、眠れない夜を過ごす。
術後の為、オナラが出るまでは一切の飲食を禁じられている為、
喉も渇き最悪な状態…。

痛みを我慢しなくては!との思いにやせ我慢をしていたけれど、
看護士さんに「薬はうまく使えば悪いものじゃない、上手に利用すれば回復も早くなる」と
痛み止めを使う事を勧められる。

使用するとだいぶ痛みは緩和された。

朝の回診時、看護士さんがタオルにくるんだ何かを抱えてやってきた。

健太郎だ!!

本来、母子異室のこの病院では、母親が新生児室に会いに行かなくては行けないのだが、
帝王切開の場合、特別に短時間、病室での対面をさせてくれるのだ。
腕に抱かせてもらえた瞬間、涙があふれて自分が母であると実感出来た。

さっきまで、痛みでちっとも動かせなかった体は痛みを忘れ、
抱きやすいように、少しでも近くに引き寄せられるようにと体位を変えることが出来た。
(おかげで縫い目から出血したのだがw)

「健太郎、お母さんだよ」
そう言いながら、何度も頬を摺り寄せる。
とっても温かく優しい匂いがした。

お迎えはすぐに来てしまって、名残惜しいがお別れをする。

午後、どうしても健に会いたくて痛み止めを服用後、新生児室まで行ってみることにした。
点滴と導尿バックをガラガラと引きつれて、痛みをこらえ一歩一歩歩を進める。

この子を身篭って、ウチは少し強くなった気がする。
辛い悪阻に堪えたこと。
帝王切開を決断したこと。
手術翌日に痛みをこらえ、歩いて健太郎に会いに行ったこと。

きっとこれまでのウチだったら、今以上に弱音を吐いていただろう。
こういう事を乗り越えて、母はどんどん強くなっていくのかな?

ウチも今日で母一日目。
健太郎と一緒に成長していけたらいいなぁ。
| 検診/病院 | 00:00 | comments(0) | - | - | - |